天気予報

19

10

みん経トピックス

青梅・五日市線の情報誌アメリカ人水墨画家が個展

青梅市役所で「OME OKTOBERFEST」 1店1品ドイツに関する料理提供

青梅市役所で「OME OKTOBERFEST」 1店1品ドイツに関する料理提供

会場となる青梅市役所

写真を拡大 地図を拡大

 青梅市役所で10月8日・9日、ドイツの食と文化を紹介するイベント「OME OKTOBERFEST 2017」が開催される。

 青梅市とドイツ・ボッパルト市は姉妹都市として、青少年交流事業、市民交流事業などのほか、ボッパルト市から「友好のブドウ」として送られたブドウ苗を栽培し、ワイン「ボッパルトの雫」などを製造、販売するなどさまざまな交流事業を行ってきた。今回はドイツで歴史ある祭典「オクトーバーフェスト」をモデルに、ドイツの食と文化を幅広く紹介するイベントとして初めて企画した。

 当日は11時、ドイツの乾杯の掛け声「プロースト」で開会。ドイツビールやドイツワインの販売のほか、ドイツの食文化を身近に感じてもらえるよう1店1品のドイツに関連する料理を販売。会場で使える限定グラスや限定Tシャツも販売する。ステージではドイツの代表曲のピアノ演奏や、ドイツ人たちのグループによる演奏などが披露され会場を盛り上げる。

 開催時間は、8日=11時~20時、9日=11時~17時。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング