天気予報

20

10

みん経トピックス

あきる野アイシングクッキー青梅の梅の里で梅まつり

奥多摩湖畔で「森の生き物調査」 1泊2日、ナイトプログラムや図鑑作りも

奥多摩湖畔で「森の生き物調査」 1泊2日、ナイトプログラムや図鑑作りも

過去イベントの開催模様

写真を拡大 地図を拡大

 奥多摩湖畔にある都立奥多摩湖畔公園「山のふるさと村」(奥多摩町川野、TEL 0428-86-2551)で3月18日・19日、「親子で見つけよう100のいきもの」が催される。

 豊かな自然に囲まれた同園敷地内のあるログケビンに泊まり、冬から春へうつり変わる森を、生き物の動きで確かめてもらおうと企画した同イベント。

 1泊2日のプログラム日程で、インタ―プリターの講師と共に園内の森などを歩き、生き物の生態を調査する。会期中、「春先の森のナイトプログラム」をはじめ、参加者全員で観察した生き物をまとめる「いきもの図鑑作り」も予定する。

 対象は小学生と保護者。定員20人。参加費は、子ども=1万2,000円、大人=1万7,000円(宿泊費、1泊2日の食費、キャンプ備品代、保険料、資料代含む)。申し込み締め切りは2月20日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

出店者1点「ベーカリー&カフェnoco」(青梅市柚木町)は、北海道産の国産小麦を中心に風味豊かで旨味の強い「ルヴァンリキッド」を使い、パンや菓子類を販売。飲食スペースも併設している。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング