天気予報

13

-1

みん経トピックス

檜原村に竹食器のラボ青梅産品使った限定グルメ

青梅「とうふ工房ゆう」、全国品評会で2年連続金賞受賞 

青梅「とうふ工房ゆう」、全国品評会で2年連続金賞受賞 

日本一の賞状を手にする大久保代表

写真を拡大 地図を拡大

「日本一おいしい豆腐」を決める「第3回全国豆腐品評会」(全国豆腐連合会主催)で10月、青梅市裏宿の「とうふ工房ゆう」の「特選よせ豆腐」(寄せ/おぼろ豆腐の部)が最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。絹ごし豆腐の部に出品した「特選絹ごし」も金賞を受賞し、ダブル金賞受賞となった。

 店主の大久保裕史さんは青梅市役所を訪れ、浜中啓一市長に受賞報告を行った。浜中市長は「日本一の豆腐が青梅から出て市にとって大変な名誉」と称賛した。同店は昨年の品評会でも「寄せ/おぼろの部」で金賞を受賞している。

 品評会では、予選を通過した89豆腐製造業者の125点の豆腐製品が「寄せ/おぼろ」「絹」「木綿」「充?(じゅうてん)」の4部門で味、食感、風味、見た目の美しさが審査された。大久保さんの作った「特選よせ豆腐」が「甘みと香りがずばぬけている」として4部門の最高点を獲得した。

受賞後、「原料の大豆のうま味を引き出すことに集中した」と顔をほころばせた大久保さん。実家の東大和の大手豆腐店で数年修業して昨年5月、店売りを主にした「ゆう」を青梅街道沿いに開業した。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング