天気予報

34

20

みん経トピックス

青梅で「おまんじゅうの日」青梅でホタル観賞温泉ツアー

青梅の酒蔵で「呑み切り会」 熟成中の日本酒を利き酒

青梅の酒蔵で「呑み切り会」 熟成中の日本酒を利き酒

JR沢井駅すぐの酒蔵「小澤酒造」

写真を拡大 地図を拡大

 青梅の酒蔵「小澤酒造」(青梅市沢井、TEL0428-78-8215)で6月30日、普段味わえない熟成中の日本酒の利き酒会「澤乃井 呑(の)み切り会」が開催される。

 御岳渓谷沿いにある同社は「澤乃井」を製造・販売する酒蔵。JR沢井駅周辺で、料亭や美術館、BBQ場なども運営している。

 「呑み切り」は、今冬製造され貯蔵中の清酒を少量取り出し、酒質と熟成の進み具合を評価する行事のこと。たるの「呑み口」の「封を切る」ことから「呑み切り」呼ばれ、例年東京では6月中ごろ、国税局の鑑定官に評価を依頼している。

 当日は酒蔵内のタンクの前に酒を用意し、通常飲む機会の少ない熟成中の酒を利き酒でき、「お楽しみ二次会」 (有料)も用意する。

 開催時間は13時~15時30分。参加費は500円(呑み放題ではない)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング