暮らす・働く

青梅に保育施設が開園 「大きな家族」テーマに運営

温もりのある同施設の室内

温もりのある同施設の室内

  •  

 青梅市に6月1日、内閣府主幹・企業主導型保育事業として保育施設「どろん子の森」(青梅市畑中、TEL 0428-27-3664)が開園した。

 どろん子の森は、自然豊かな環境に囲まれ、木の温もり感じる平屋の一戸建て風の施設。風の匂い、太陽の光、四季の変化を感じながら、児童一人一人が主役になって過ごし、「大きな家族」をテーマに成長し合える家づくりを目指している。

[広告]

 「私自身、多くのことを自然から学んできた」と話す所長の鈴木美貴子さんは青梅生まれ、青梅育ち。19歳のころから、そうした思いを体現する保育施設の開所を志してきたという。羽村市の保育園に11年、保育士として勤め、現場のことから経営面まで、さまざまなことを経験。厳しい国の基準を通り、10人の職員と共に念願の同施設開園にこぎ着けた。

 開園時間は7時~20時。休園日はない。児童の定員は0歳児3人、1~5歳児各5人の計28人。保育料は月額、0歳~2歳=3万6,000円、3歳=3万円、4歳~5歳=2万7,000円で、きょうだい利用は下の児童が半額となる(19時以降は延長保育料800円)。青梅市内外問わず入所が可能。