天気予報

34

20

みん経トピックス

秋川渓谷あじさい祭、開催へ青梅に保育施設開園

青梅でがんサロン「ハローライフカフェ」 患者や家族の交流の場として企画

青梅でがんサロン「ハローライフカフェ」 患者や家族の交流の場として企画

代表の細野さん

写真を拡大 地図を拡大

 青梅市を中心に、西多摩地区・埼玉地区で、がん患者や家族の精神面・生活面をサポートしている「ハローライフ」が7月14日、青梅市福祉センター(青梅市東青梅)で「青梅がんサロン ハローライフカフェ」を開く。

 数年前にがんを患った親族の看病を経験した代表の細野健さん。がんを告知され病状が進行していく段階で、患者本人、家族はさまざまな不安を抱えることを経験した。「同じ不安を抱えた人を、少しでも和らげられることができないか」と考えNPOを設立。患者交流会・家族会による「がんサロン」の開催や講演会、勉強会などを行っている。

 今回は、がん患者や家族の交流の場として企画した。くまがやピンクリボンの会の栗原直美さんを招きミニ講演なども行う。

 開催時間は14時~16時30分(途中入退出可能)。前半40分がミニ講演となり、後半がサロンタイムとなる。対象は、がん患者や家族。定員は20人ほど。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング