天気予報

34

20

みん経トピックス

東京チェンソーズが木箱製作青梅のBBQ場で「肉の宴」

青梅の小曾木エリアで田植え体験会 昨年は150人の家族が参加

青梅の小曾木エリアで田植え体験会 昨年は150人の家族が参加

過去の開催模様

写真を拡大

 おそきの学校と地域を考える会は6月10日、青梅市小曾木(おそき)地区で田植え体験などができる「おそきDEプチ田舎暮らし」を開催する。

 豊かな自然や動植物、畑などが点在する小曾木地域。小学校は少人数クラスで、待機児童のない木造新築の保育園など小曾木地域のさまざまな魅力を感じてもらうため、同会ではさまざまな体験活動を行っている。昨年も田植え体験を企画し参加者の150人のうち、半分が都区内、千葉、埼玉などから訪れるなどしてにぎわった。

 今年も田植えのシーズンに合わせ体験イベントを企画。乙黒耕地に集合し田植えを行い、8月には田んぼの手入れ体験、10月には稲刈り体験などと続く。

 当日は9時45分現地集合、13時ごろ解散予定。参加費は500円。募集定員は50家族。希望者は終了後に、近くの岩蔵温泉「司翠館」「儘多屋」で入浴ができる(有料)。参加申し込みは6月5日まで(先着順)。メールで申し込む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング