見る・遊ぶ 買う

夏の西多摩を紹介するフリー誌、JR八王子支社が刊行 行楽情報を特集

  •  

 JR東日本八王子支社は6月1日、管轄エリアであるJR青梅線・五日市線エリアの夏の行楽スポットを特集した無料情報誌「青梅線・五日市線の旅」夏号を発刊。今回は4ページ増の拡大号となる。

 今回は「青梅線に自然を探しに行こう!」をキャッチコピーに、青梅、奥多摩の行楽情報を巻頭で特集。地元のアメリカ人水墨画家夫妻による鍾乳洞、釣りの体験レポートや、同じく西多摩に移住して間もない女性2人によるリバーアクティビィティーの体験レポートなどを紹介している。

[広告]

 他に、インタープリターによる御岳山の細かな見どころ紹介や沿線クラフトビール特集、秋川渓谷の鍾乳洞や檜原村の滝なども紹介。各地のグルメスポットなども掲載し、紹介店ではクーポン特典なども付いている。

 7月からは青梅線にラッピング列車を走らせる予定もあり、7月21日・22日、8月18日・19日・25日・26日にはお座敷列車「お座敷 青梅 奥多摩号」も運行。お座敷列車内では沿線の昆虫や自然を学べる子ども向け体験コーナーも設ける(7月21日、8月18日・25日10時~予定)。誌面に掲載しきれなかった情報は特設サイトでも紹介している。

 同誌はJR東日本の八王子支社、東京支社、横浜支社、大宮支社、千葉支社などの主な駅に設置する。