天気予報

9

-3

みん経トピックス

西多摩観光ミーティングあきる野で無料レンタル

福生の飲食店で「日本酒を楽しむ会」 福井の地酒「花垣」紹介

福生の飲食店で「日本酒を楽しむ会」 福井の地酒「花垣」紹介

福井の南部酒造場が造る地酒「花垣」

写真を拡大 地図を拡大

 福生の飲食店「ごしま」(福生市本町、TEL 042-530-5079)で2月17日、「和酒と食文化を考える会」を主宰する長尾昌夫さんを招き「第10回日本酒を楽しむ会」が開かれる。

 同店で提供する酒蔵の杜氏などを招き、生産に対する思いや苦労を直接聞く会を定期的に開いている。今回は全国の350ほどの手作り蔵を訪ね、日本酒の情報誌を発行するなど日本酒の魅力を発信する「和酒と食文化を考える会」を主宰する長尾さんが、福井の地酒「花垣」を造る南部酒造場の姿勢や魅力、酒の管理、熟成や楽しみ方などについて語り、実際に酒やつまみを楽しむワークショップとして企画した。       

 開催時間は17時30分~20時30分。参加費は5,000円(日本酒・おつまみ代)。定員12人。申し込み締め切りは2月12日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング