食べる

福生の飲食店で「日本酒を楽しむ会」 福井の地酒「花垣」紹介

福井の南部酒造場が造る地酒「花垣」

福井の南部酒造場が造る地酒「花垣」

  •  

 福生の飲食店「ごしま」(福生市本町、TEL 042-530-5079)で2月17日、「和酒と食文化を考える会」を主宰する長尾昌夫さんを招き「第10回日本酒を楽しむ会」が開かれる。

 同店で提供する酒蔵の杜氏などを招き、生産に対する思いや苦労を直接聞く会を定期的に開いている。今回は全国の350ほどの手作り蔵を訪ね、日本酒の情報誌を発行するなど日本酒の魅力を発信する「和酒と食文化を考える会」を主宰する長尾さんが、福井の地酒「花垣」を造る南部酒造場の姿勢や魅力、酒の管理、熟成や楽しみ方などについて語り、実際に酒やつまみを楽しむワークショップとして企画した。       

[広告]

 開催時間は17時30分~20時30分。参加費は5,000円(日本酒・おつまみ代)。定員12人。申し込み締め切りは2月12日。