天気予報

11

2

みん経トピックス

羽村で子どもオペラ公演西多摩観光ミーティング

おうめ若者カフェの「ババコン」 未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤーで表彰

おうめ若者カフェの「ババコン」 未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤーで表彰

浜中市長(写真右)に報告に訪れた川崎さん、村上さん、伊藤さん(左から)

写真を拡大

 内閣府が主催する平成29年度「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」で内閣府特命担当大臣表彰を受けた「おうめ若者カフェ」が昨年12月28日、浜中啓一青梅市長を表敬訪問した。

 「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」は、子どもや若者が地域や社会の輝く未来に向けて行った社会貢献活動において、顕著な功績があった個人や団体を内閣総理大臣、内閣府特命担当大臣から表彰するもので、2015度に始まった。内閣府特命担当大臣表彰(青少年育成)は日本全国で10件程度だった。

 「おうめ若者カフェ」は2011年、市民活動推進課との協働事業により、多摩島しょ地域力の向上事業助成金を受け「若者のまちづくりを考えること」「ネットワークをつくること」を目的に活動を開始。2012年2月、若梅祭で70歳以上の高齢者男女の洋服を若者がコーディネートするファッションショー「ババコン」をメインの活動として継続的に開催してきた。2015年度にはクラウドファンディングによる事業に取り組み、活躍の場を広げ、2015年笑顔あふれる地域イベントアワード最優秀賞、平成28年住友生命ヤングアクションジャパン奨励賞を受賞した。

 表敬訪問では「おうめ若者カフェ」の川崎茜さんと伊藤未悠さん、村上ひかりさんが訪れた。浜中市長は「今後、ぜひ市として応援していきたい」とエールを送り、代表の景山一基さんは「今後も青梅市に活力を与えられるような活動を行っていきたい」と意気込みを見せた。

 「おうめ若者カフェ」は今後、青梅市で行った手法を用いて各地域へもババコンを展開し、同時開催や動画配信などを目標に積極的な活動を進めていくという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング