天気予報

19

10

みん経トピックス

あきる野の忍者が出版青梅・五日市線の情報誌

福生こども食堂が開設1周年 「本当に困っている家庭に届けるため」に意欲

福生こども食堂が開設1周年 「本当に困っている家庭に届けるため」に意欲

1年間の活動を報告する厚谷代表

写真を拡大

 福生市内の厚谷まゆみさん宅で行われている「福生こども食堂」がこのほど、開設1周年を迎えた。

 福生こども食堂は月2回のペースで開設。コンセプトは「食を通じて子どもたちの笑顔を育てる」。毎回10人前後の小学生から中学生が集まり、学習や遊びをして食事を共にしている。スタッフは10人ほど。長期休暇には絵本の読み聞かせ、応急処置講座、市内の居酒屋「くら蔵」が自慢の焼き鳥を振る舞うなどのイベントを組んできた。

 9月8日には福生二中で1周年報告会を開催し31人が集まった。前職がスクールソーシャルワーカーの厚谷さんは「子ども1人で食事をとる家庭や家計の事情からカップラーメンなどしか食べられない家庭の子どもを見て来た。何か子どもたちのためにできることはないかと考え、阿南さんと相談を重ね、とにかく子ども食堂を始めてみようということになった」と発足の経緯を紹介。「今後は本当に困っている家庭に届けるため、市、教育委員会、社会福祉協議会などに協力を求め、活動を広めていきたい」と意欲を見せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング