天気予報

19

10

みん経トピックス

あきる野のあじさい山剪定福生こども食堂が開設1周年

あきる野在住の「忍者」が出版 暮らしに忍術を生かす方法など指南

 あきる野市養沢に住む甚川浩志さん(46)の著書「職業は忍者 激動の現代を生き抜く術、日本にあり!」(新評論)が8月25日、発売された。

 甚川さんは西多摩の山里を拠点に忍術修行プログラムを行う団体「野忍」を主宰する。プログラムは幼稚園や自治体、企業研修の一環として実施し、体験を通して忍者思想や日本文化を伝えている。昨年からは「かながわ西部コンベンションビューロー(DMO)」の専任忍者として、毎年8月に小田原城内で行われる「風魔まつり」に出演するなど活動の幅を広げている。

 著書ではこれらの活動の様子や、なぜ西多摩地区で忍者修行の事業を立ち上げたのかなどの半生を著すほか、現代生活に忍術を取り入れて人生へ生かす方法などをつづっている。他に、忍者をはじめとする歴史学、日本文化に対する見識、これからの暮らし方への提案なども盛り込む。

 仕様は四六判並製、256ページ。価格は2,160円。出版記念として10月6日18時~、ici club神田(千代田区で甚川さんのトークイベントを開催する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング