食べる 見る・遊ぶ

奥多摩湖畔公園で干し柿作り体験 「サルに取られないうちに収穫を」

干し柿作り体験の模様

干し柿作り体験の模様

  • 0

  •  

 都立奥多摩湖畔公園「山のふるさと村」(奥多摩町川野、TEL 0428-86-2551)で11月26日・27日、「干し柿作り体験」が行われる。

 同公園は奥多摩湖にそそぎ込むサイグチ沢に沿って造られ、面積32ヘクタールの広大な園内は、かつて集落が広がっており、人の暮らしの名残で柿が毎年たわわに実っている。最近では、収穫されずに残った柿に、サルが群れでやってきて食べてしまうこともあるという。

[広告]

 同園ではこのまま放置し、サルの個体数増加や、サルによる農業被害につながってしまうため、サルに取られないうちに収穫し、楽しく作って、おいしく食べるイベントとして、干し柿作り体験を企画した。当日は、自宅で干し柿が食べられるよう、参加者1人当たり10個、柿を収穫して皮をむき、縄で縛って持ち帰ってもらう。

 開催時間は10時~15時。参加費は1人200円。

  • はてなブックマークに追加