見る・遊ぶ

東京サマーランドで都内初のドローンレース 児童対象にドローン教室も

秋田でのレースの模様(提供元 Drone Impact Challenge)

秋田でのレースの模様(提供元 Drone Impact Challenge)

  •  
  •  

 東京サマーランド屋内施設で12月10日、都内初のドローンレース「ドローンインパクトチャレンジ2016」が開催される。主催はFPV Robotics(渋谷区)とドローンインパクトチャレンジ実行委員会。

 レースパイロットが高速で機動性に優れたレース専用のドローンを使い、一人称視点で、ドローンに搭載したカメラからの映像をリアルタイムにヘッドマウントディスプレーなど等で受信して操縦する。高さ5メートルほどのパイロンやフラッグで構成する低空中コースを、最高時速150キロで操縦し、3 次元での技の正確さと速さを競う。

[広告]

 同日、小学4年生~6年生を対象にドローンの操作が体験できるドローン教室も開く。時間は10時~11時、11時30分~12時30分、13時30分~14時30分(3回目は市内在住者対象)。定員は各回100人(定員になり次第締め切り)。参加無料。申し込みは事務局(TEL 090-8812-3093)で受け付けている。

 開催時間は9時~17時。観戦料は1,000円(別途駐車場料金1,300円)。ドローン教室に参加する児童は観戦無料(付き添い家族の割引、大人=700 円、小人=500 円、駐車料別途)。

  • はてなブックマークに追加