天気予報

19

10

みん経トピックス

西多摩の企業が書写アプリ福生に和食店、夫婦で独立

羽村にプリザーブドフラワー教室 出張や講師認定講座も

  • 0
羽村にプリザーブドフラワー教室 出張や講師認定講座も

片岡さんが出張講師で指導する教室の様子

写真を拡大 地図を拡大

 介護事業などを行う笑アールスタッフは昨年、プリザーブドフラワー教室「アモーレ・ドゥ・フレール」(羽村市五ノ神、TEL042-578-8804)をオープンした。色鮮やかな花を使った作品作りが体験できる。

片岡さんが手掛けるプリザーブドフラワー

 プリザーブドフラワーとは「保存された花」という意味。特殊な加工により花の美しさを長持ちさせる。ドライフラワーよりも丈夫で色鮮やかに仕上がるのも魅力の一つで、花粉の心配がなく、手入れも不要。生徒からは「記念日、贈り物、お祝い、お見舞いなどに喜ばれる」と好評を得ている。

 講師はプリザーブドフラワー芸術協会会員の片岡里絵さん。片岡さんはイギリス留学中にプリザーブドフラワーに出合い、帰国後に同社介護事業で高齢者へのレクリエーションの一環として、教室を開講してきた。片岡さん自身の作品は口コミで人気が広がり、講師として出張依頼が増加。これまで「花」と「癒やし」をテーマにした「ヒーリングフラワー教室」を各地で開催してきた。

 教室ではレッスン用の素材を使って、実際にブーケやリース、インテリアなどの作品を制作。未経験でも簡単にいろいろな作品にチャレンジできる。

 開講時間は火曜・木曜・土曜の10時~12時、14時~16時、19時~21時。参加費は3,000円。定員は各回5人。5人以上集まれば、出張での講師も引き受ける。今月から講師資格となる認定講座も始めた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング