3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

御嶽駅そばの玉堂美術館、夏の展示「玉堂と水」で営業再開

川合玉堂の「瀑布」(1909年)

川合玉堂の「瀑布」(1909年)

  •  
  •  

 御嶽駅そばの玉堂美術館(青梅市御岳)が緊急事態宣言の解除を受けて5月30日、夏の展示企画「玉堂と水」で営業を再開した。

 川や滝などとどまることなく流れ続ける水を描くことを得意にしていた川合玉堂。夏の風景画の中でも水が描かれた作品が多く展示されており、来観者に清涼感を与えている。1909(明治42)年に描いた「瀑布」は、「控え目だが彩色が施され、それが微妙なアクセントや風情を生んでいる」(同館)と評価が高いという。

[広告]

 開館時間は10時~17時。月曜休館。入館料は、一般=500円、大学生・中学・高校生=400円、小学生=200円。8月30日まで。