見る・遊ぶ

JR八王子支社が西多摩を紹介する冬の観光誌発行 今年初めて冬の誘客に着手

今号の表紙イメージ

今号の表紙イメージ

  •  

 JR東日本八王子支社は11月21日、管轄エリアであるJR青梅線・五日市線エリアの冬の行楽スポットを特集した無料情報誌「青梅線・五日市線の旅」冬号を発行した。

 これまで春、夏、秋と年3回発行してきた同誌だが、今年初めて冬号を発行し冬の観光をPRしていく。同支社は今年秋から、JR青梅駅~奥多摩駅区間の呼称を「東京アドベンチャーライン」と決め、観光PRに力を入れていくことを決めた。今号も「冬のアドベンチャー体験特集」を軸に、宿泊して楽しむ夜空や絶景などを紹介している。

[広告]

 他にも冬ならではのグルメ情報やイベント情報、初詣情報などを紹介。エリア内にある温泉施設のクーポン特典なども付け、誌面に掲載しきれなかった情報は特設サイトでも紹介している。

 同誌はJR東日本の八王子支社、東京支社、横浜支社、大宮支社、千葉支社などの主な駅に置いている。