天気予報

34

20

みん経トピックス

西多摩沿線の情報誌発刊春の御岳山を楽しむツアー

あきる野の飲食店がディナーメニュー一新 地元食材取り入れる

あきる野の飲食店がディナーメニュー一新 地元食材取り入れる

新しく創作されたディナー新メニュー

写真を拡大 地図を拡大

 JR武蔵五日市駅前の飲食店「do-mo kitchen CANVAS」(あきる野市舘谷、TEL 042-519-9653)が3月10日、地元食材を取り入れたディナーメニューに一新した。

 「新たな街の発展を描いていく拠点に」という思いから、昨年9月にオープンした同店。真っ白なキャンバスをイメージした内装は多摩産食材をふんだんに使い、秋川渓谷の魅力を空間や料理で伝えていくため工夫を施している。今回、「夜の秋川渓谷に新しいコミュニティーの場を」という考えかからディナーメニューを一新した。

 今回のディナーメニューのリニューアルでは新たに16品を追加。秋川渓谷のアユで作った同店オリジナルの「鮎OIL(オイル)」を使った創作料理、鮎OILのトマトクリームリゾット(600円)、鮎OILのパスタ(トマトクリーム・ペペロンチーノ、各600円)、鮎チョビ・ピッツア(500円)などのほか、自社栽培の里芋フライ(500円)、ひのはらマイタケとエビのアヒージョ(780円)など地元産品を使ったメニューもそろえる。ランチメニュー同様、全て無添加。

 店主の高水健さんは「秋川渓谷のキーステーションであるJR武蔵五日市の駅前で、新しい活気づくりを目指したい」と意気込む。

 営業時間は12時~22時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング