天気予報

11

2

みん経トピックス

福生市のPRアニメ動画青梅市長を表敬訪問

焼き菓子店が福生の新しい土産品「ふくうむ」 パッケージに米軍ハウス

焼き菓子店が福生の新しい土産品「ふくうむ」 パッケージに米軍ハウス

パッケージにもこだわった「福生銘菓 ふくうむ」

写真を拡大 地図を拡大

 焼き菓子と紅茶の専門店「ラトリエサクラ」(福生市東町、TEL 042-552-1112)が12月27日、福生ブランド・たっけー☆☆印認定商品「福生銘菓 ふくうむ」を発売する。

 来年3月で10周年を迎えるフランス料理店「フレンチ サクラ」の1階スペースに3月、焼き菓子専門店としてオープンした同店。店に隣接する厨房には九州・七洋製作所の焼き窯にドイツ製の機械などを導入し、日本を代表するパティシエを顧問に迎えた。店内には手作りするギフト用商品を並べ、店内やテラスでのイートインでは焼き菓子やキッシュなどを盛り合わせたアフタヌーンティーセットを提供する。

 オープン前から、「福生や近隣に住む人たちが外に持っていくお土産品を」と開発構想を練り、試行錯誤を重ねてきた。完成した「ふくうむ」には、そうしたスタッフたちの「福生に対する思いと、こだわりが随所に詰まっている」という。

 「昔の福生の叙情的な魅力を表現したかった」と、見た目は茶色い生地に色鮮やかなドレンチェリーが入った昔の菓子のようだが、カラメルを入れた優しいバター風味と、ブランデーシロップに漬け手間暇かけたドレンチェリーの「上品な味わい」が絡み合い、しっとりとした食感が特徴。

 パッケージには福生を描き続ける画家・栗原一郎さんの米軍ハウスの絵画を起用し、「福生」の字は市内の酒蔵・石川酒造当主の石川彌八郎さんに依頼した。当時、縁起物として人気を集めた国鉄時代の福生発の切符を模したカードが付き、「福生む町のお福分け」という文字が刻まれる。「アメリカンというだけでなく、基地がある町が故に培われた文化、そして叙情的な福生の原風景を感じる土産品にしたかった」と、同店マネジャーの乙訓かな江さんは話す。

 ふくうむは8個入りで1,080円。営業時間は11時~19時。水曜定休(2018年1月1日は休み、3日は営業)。

 福生ブランドの認定商品とは、福生市が福生の土産物として独自性に富み魅力的な商品を、くるみるふっさ運営委員会が審査し認定するもので、市内ですでに販売されている商品のみならず、申請に応じて新たに開発した商品も認定している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング