食べる 見る・遊ぶ

あきる野の直売所で「とうもろこし祭り」 朝取れトウモロコシを品ぞろえ

直売所に並ぶトウモロコシ

直売所に並ぶトウモロコシ

  • 21

  •  

 あきる野の直売所「秋川ファーマーズセンター」(あきる野市二宮、TEL042-559-1600)で7月8日・9日、「とうもろこし祭り」が開催される。

 トウモロコシはあきる野市の特産品の一つ。今月初旬、店頭に並んだのはハウス物で、秋川地区のトウモロコシ生産者でつくる「JAあきがわスイートコーン部会」会長の田中雄二部さんが生産した「ゴールドラッシュ」。同部会では97人が出荷しているが、毎年その先陣を切っているのがハウス栽培も手掛ける田中さんだ。トウモロコシは出荷日の早朝3時に収穫する「朝取れ」が特徴という。

[広告]

 ゴールドラッシュは近年、人気の品種で田中さんは「初めて食べた時に本当に甘くて感激した。ゴールドラッシュは、生でも食べることができるほど柔らかい粒皮で甘みのある食味の良い品種」と太鼓判を押す。

 6月中旬からは、JAの各ファーマーズセンターと直売所で露地物トウモロコシの販売が本格化した。品種も多様で、ゴールドラッシュのほか、「ミエルコーン」「あまいんです」「ピュアホワイト」などがある。「450~500グラムまで大きく育てた甘くておいしい秋川特産のトウモロコシを多くの人に味わってほしい」と生産関係者は言う。

 「とうもろこし祭り」では、取れたてのトウモロコシが数多く並ぶほか、焼きトウモロコシや地元グルメなども用意する。開催時間は9時~16時。