学ぶ・知る

奥多摩で夏休み-福島の被災地児童ら招きサマーキャンプ開催へ

サマーキャンプが行われる奥多摩の河原

サマーキャンプが行われる奥多摩の河原

  • 0

  •  

 奥多摩町を拠点としコミュニティーデザイン事業を展開するアートマンズ(奥多摩町棚沢)は8月19日~22日、被災地の子どもを奥多摩で受け入れるサマーキャンプを実施する。

 対象は福島県伊達市月舘町の小学生とその家族で、計17人が参加を予定する。

[広告]

 きっかけは同社社長の菅原さんが対象地域の友人から「放射能の影響で児童が外で遊ぶこともままならない。せめて夏休み期間の間、放射能の事を気にせず思いきり外で遊ぶことができる環境をつくってあげられないか」と相談を受けたことから。

 プログラムの内容は川遊び、バーベキュー、キャンプファイア、釣り、獅子舞見学、温泉など、夏の奥多摩の自然と文化を体験。参加費は無料で、宿泊施設・体験施設の無償提供や食材の提供、当日の運営などは、町内外からの有志のボランティアなどで行う。

 キャンプを前に、「口を開けばいつも放射能の話だった。現在はキャンプの話題で持ちきり」だという。菅原さんは「自分自身も小学生の時は外で思い切り遊んで育った。夏休みなのに外で遊べない子どもたちに楽しんでもらいたい」と話す。同社では今回のキャンプをきっかけに、今後も被災地と奥多摩をつなぐ新たなプロジェクトを立ち上げていく予定だ。