食べる

あきる野の溶接加工業が焼きぐり新事業-「ポン栗 マロンちゃん」人気に

上原さんが開発した甘ぐり焙煎機

上原さんが開発した甘ぐり焙煎機

  • 0

  •  

 精密溶接・機械加工など手掛ける上原技研(あきる野市小川東、TEL042-550-9671)が新たに展開する焼きぐり「ポン栗 マロンちゃん」が各地のイベントで人気を集めている。

 同社社長の上原弘さん(71)が新事業の開発をと、甘ぐりを焼く機械「甘ぐり焙煎(ばいせん)機」を自社開発。「全く素人だったので、各地の甘ぐりを食べ歩いて研究した」という。

[広告]

 これまで各地のイベントに出店してきた。独自の焙煎方法で焼き上がる甘ぐりは、卸業者から驚きの声が上がるほどだという。イベントで試食した来場者から「すごく甘い」などの声が寄せられていた。

 戦時生まれの上原さんは「イベントで売っていると戦後、やみくもに生きていた風景を思い出す」と振り返る。これまで職人一筋だった上原さんは「購入する人と触れ合え、加工業にはない魅力があり楽しい。クリは季節ごとに味が変わる。一人でも多くの人にうちのクリを食べてほしい」と目を輝かせる。

 同社では焙煎機のレンタルや、数のまとまった発注なども受け付けている。次回は9月9日、あきる野市二宮で行われる「二宮神社秋季例大祭しょうが祭」への出店を予定する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース