3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

青梅の姉妹都市産ドイツワインを使ったジェラートを商品化 市長も試食

ジェラートを商品化した2人と浜中市長(写真左)

ジェラートを商品化した2人と浜中市長(写真左)

  • 33

  •  

 Iwakura ExperienceとCAFE YUBE(青梅市小曽木)が青梅の姉妹都市であるドイツ・ボッパルトのワインを使ったジェラートの商品化を発表し、8月3日、青梅市役所で浜中啓一青梅市長がジェラートを試食した。

 Iwakura Experienceは、岩蔵温泉周辺を活性化させるために、定期的に季節に寄り添うイベントの企画・情報発信を手掛け、滞在型観光地づくりを行っている。Iwakura Experienceの本橋大輔さんは「現在、新型コロナウイルス感染拡大で観光業に影響がある中、イベントではなく地域資源を生かしたジェラート開発に目を付けた」と話す。

[広告]

 今回発表した、ボッパルトのワインを使ったジェラートは、ジェラート開発事業の第2弾となる。試食した浜中市長は「口に入れた瞬間、白ワインの香りが広がった。爽やかな風味で食べやすい」と話した。「ワインジェラートは白ワインの甘さを生かしており、溶けても最後の一滴までワインとして楽しめる」という。

 「岩蔵温泉の伝統や歴史を守っていきたいと思っている。こういう形で岩蔵を盛り上げてくれて感謝」と浜中市長。Iwakura Experienceは今後も、野菜のジェラートなど地域の素材を使ったジェラートの開発を行っていく予定。

 価格は300円。CAFE YUBEで提供している。