3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

あきる野「黒茶屋」、ドライブスルー方式でテークアウト開始 八角折り箱弁当など

野外テラス「水の音」の昼膳

野外テラス「水の音」の昼膳

  • 46

  •  

 秋川渓谷にある料亭「黒茶屋」(あきる野市小中野)が5月8日、八角折り箱の「季節ごよみ弁当」(1,500円、要予約)などのテークアウト商品の販売を始めた。姉妹店の井中居(青梅市藤橋)で料理長を務める知識尚志さんらが、「老舗の味が自宅で手頃に味わってほしい」と腕によりを掛けた。

 店のそばの檜原街道沿いの駐車場を利用し、ドライブスルー方式で受け渡しを行う。弁当のほか、「だし巻き卵」(500円)、日替わりの「炊き込みごはん」、カシューナッツで作った名物「勾玉豆腐」(以上800円)などを用意している。

[広告]

 野外カフェ「水の音」では、予約制で人数限定の「昼膳」(4,000円)も提供している。秋川渓谷の川風が心地よいロケーションで、旬の山菜や川魚が味わえる。

 営業時間は10時30分~17時ごろ。6月15日まで。テークアウトは火曜定休、屋外カフェは火曜・日曜定休。