3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

「アマビエ」が西多摩に続々 日本酒ラベルにも

石川酒造は従業員が描いたアマビエラベルの日本酒を限定販売

石川酒造は従業員が描いたアマビエラベルの日本酒を限定販売

  • 17

  •  

 西多摩エリアで、江戸時代末期に現在の熊本県に出現したといわれる妖怪「アマビエ」をモチーフとした動きが広がっている。

 アマビエは「海の中に出没し、『病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるように』と伝えて海中に消えた」といった記述にある瓦版が残っており、波間に立つアマビエの姿も描かれている。このことがSNSで広まり、全国各地の人がウイルスの鎮静化を願って思い思いのアマビエを描き、ネット上で公開している。

[広告]

 福生の石川酒造(福生市熊川)は、「アマビエ」をラベルに使った純米酒(720ミリリットル、1,500円)をオンラインショップで限定販売。ツイッターで大きな話題を呼び、商品を求める声が多いことから再販を決めた。

 イラストは従業員の石川雅美さんが手掛け、「新春万福」「無病息災」など縁起のいい四字熟語を書き添えた。同社担当者は「ウイルスに負けず楽しい気持ちで日本酒を飲んでもらえたら、という気持ちを込めた。アマビエ様の必要のない平穏無事な日常が訪れることを願いたい」と話す。

 青梅市在住のCGデザイナー、館信一郎さん(48)は新型コロナウイルスの鎮静化を願い、妖怪アマビエをモチーフにしたCGイラスト「あまびえ」を作成。「疫病退散。コロナ騒動が早く終わってほしい」との願いを込めた。

 青梅市の画家でアトリエ「6月ハウス」(青梅市西分町)で創作活動をする酢平(すっぺい)さんは「アマビエちゃん」を描き、甘エビの絵と共にシールにして販売している。仲間のアーティスト2人とアトリエで妖怪展を開きアマビエを披露する予定だったが、新型コロナの影響で展示が延期され、ウェブ上での公開となった。制作に当たり、「妖怪だがポップでかわいいイメージで、見た人の気持ちが明るくなるように描いた。甘エビを紛れ込ませたのも、見た人にクスッと笑っていただきたいから」とコメントする。