3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

青梅に自社で玉鋼を製鉄する「平田鍛刀場」 週末は体験会・見学会も

刃物を作る平田さん

刃物を作る平田さん

  •  
  •  

 JR二俣尾駅から徒歩で約5分の場所にある平田鍛刀場(青梅市二俣尾)が今年に入り体験会、無料見学を始めた。

 刀工の平田祐平さんは小平市出身。剣道を続ける中、日本文化の刀に興味を持ち、高校卒業と同時に岡山県の備前長船 自家製鋼の名手・上田祐定刀匠に入門し13年、自家製鋼と鍛刀技術について学んできた。全国300人ほどいるといわれている刀鍛冶の職人の中でも、全て自社の「たたら製鉄」という方法で作られた玉鋼(たまはがね)を使って刃物を作る稀有な職人だ。

[広告]

 出身地である東京での独立を考え鍛冶場を探す中、自然環境豊かな青梅に出合い決めた。昨年4月から妻で同場代表の平田のどかさんと準備を進め、オープンした。「刀鍛冶職人が使う玉鋼は現在、ほとんど島根県1カ所のものを使う。昔は、どこ産のものは切れ味が良い、色味が美しい、耐久性がある、など各地域の特色などが出て名刀も生まれた。そうした日本文化を守りたい」と祐平さん。高い技術が必要とされるが、それぞれの刀に合った全国各地の材料を使い、平田鍛刀場オリジナルの刃物製造にこだわる。のどかさんは「鍛冶場の実際の作業も間近で体験してほしく見学会も行っている。ぜひ気軽に足を運んでもらえれば」と呼び掛ける。

 鍛錬見学は毎週土曜・日曜の13時~15時(土曜・日曜以外を希望の場合、10人以上の団体は要予約。体験会の予約が入っている場合は体験会優先)。たたら製鉄見学は月1~2回しか行わない作業のため完全予約制。見学会はいずれも無料。ナイフ製作体験会は1日2組限定で1本2万5,000円、包丁製作体験会は1日1組限定で1本6万円(以上、完全予約制)。