食べる 見る・遊ぶ 買う

青梅市役所で「クリスマスマーケット」 ドイツ料理や文化を紹介

会場となる青梅市役所

会場となる青梅市役所

  •  

 青梅市は11月21日~24日、青梅市役所で「青梅クリスマスマーケット2018」を開催する。

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて国が推進するホストタウンの取り組みに、青梅市はドイツのホストタウンとして登録されている。これを受け青梅市では「市内外多くの人々にドイツファンになってほしい」と、昨年開催した「OME OKTOBERFEST 2017」に続き、ドイツの歴史あるイベント「クリスマスマーケット」をモデルに「青梅クリスマスマーケット2018」を企画した。

[広告]

 期間中、会場をイルミネーションで飾る。マーケットスペースでは、ドイツなどから仕入れたクリスマス雑貨や手作り雑貨を販売するほか、ドイツの冬を代表するお菓子「シュトーレン」を提供する。フードエリアでは、ドイツ料理と温かいワイン「グリューワイン」やドイツビールを用意する。23日・24日はステージエリアを設け、ドイツ人中心のバンド「独メン」が会場を盛り上げる。

 開催時間は、21日・22日=17時~21時、23日・24日=12時~20時。