食べる 買う 暮らす・働く

奥多摩駅前広場で「おくたマルシェ」 「100縁商店街」も開催

昨年、初開催されたおくたマルシェの模様

昨年、初開催されたおくたマルシェの模様

  •  

 JR奥多摩駅前広場で5月26日・27日、観光事業社、農園経営者、林業家などが一堂に会し「おくたマルシェ」が開催される。

 昨年秋、同所で初めて開催された同マルシェは、行楽帰りの観光客など数多く立ち寄り、にぎわいを見せた。今回、奥多摩町観光協会、奥多摩で飲食店などを経営する未来計画工房、多摩地域で広域広報などの事業を行うグッドライフ多摩、JR東日本八王子支社による実行委員会が発足。西多摩地域の観光事業社などによる新しいプロジェクト「WILD TOKYOプロジェクト」がサポートし、規模を拡大して企画された。

[広告]

 当日は西多摩各地から13事業社が出店。奥多摩産クラフトビールやBBQ演出家によるローストポーク、久保田農園の季節のハーブや採れたて野菜の販売、林業家集団・東京チェンソーズによる木製品や焚火グッズの販売、手作りのカナディアンカヌーの展示などが行われる。

 奥多摩ゴスペルスパークルによるゴスペルライブ(26日、13時~13時30分・15時~15時30分)やDJイベント「国産レコードDJミックス・ショー!」(27日12時~17時)、青空左官ワークショップ「土としっくいの思い出手形」、アーティスト・MYMEさんによるライブペイント(26日)・ワークショップ(27日)も行われ会場を盛り上げる。

 26日には奥多摩駅周辺で、40店以上の商店が100円商品を並べる「奥多摩町 100縁商店街」も開催され、地元の採れたて野菜や総菜、甘味、日用品などを販売。開催両日、立川駅から拝島、青梅、御嶽駅の3つの駅だけ停車し、奥多摩駅まで乗り換えなしで行ける春の臨時列車「青梅 奥多摩新緑号」も走る。

 開催時間は9時~17時。入場無料。問い合わせは蕎麦太郎カフェ(TEL 0428-83-8160)まで。