暮らす・働く

日の出の人形店で五月人形の販売始まる コンパクトなものから豪華な兜飾りまで

バリエーションに富んだ人形を販売

バリエーションに富んだ人形を販売

  •  

 日の出町大久野の「羽生人形店」(日の出町大久野、TEL 042-597-0755)で五月人形の販売が始まった。コンパクトな兜飾りから豪華な鎧(よろい)飾り、段飾りまでバラエティーに富んだ品が並ぶ。

 5月5日の端午の節句に鎧兜(かぶと)や武者人形を飾り、男子の健康と家の繁栄を祈る風習は江戸時代に始まった。鎧兜は身を守る大切な道具、英雄豪傑な武者人形には男子の成長を見守る存在とされている。

[広告]

 同店では利用客の好みと予算に合わせて商品を提示。飾る手順や鎧兜を飾る意味などについても、尋ねれば親切に教えてくれる。

 営業時間は(原則)9時~18時。5月5日までは無休。