天気予報

14

2

みん経トピックス

福生で「がまぐち作り」あきる野で阿弥陀如来立像

羽村の田園地帯でスケッチワークショップ 講師にアメリカ人水墨画家

羽村の田園地帯でスケッチワークショップ 講師にアメリカ人水墨画家

コールさんのスケッチワークショップの模様

写真を拡大 地図を拡大

 羽村市唯一の田園地帯「根がらみ前水田」(羽村市羽中)で8月27日、アメリカ人水墨画画家を講師に招き「心落ち着く、スケッチワークショップ」が開かれる。

 根がらみ前水田周辺は豊かな自然に囲まれ、水車が回る「のんびりカフェ中車水車小屋」などもあり、昔の日本の田園風景を思わせる風景が広がる。今回、アメリカ合衆国のミルウォーキー芸術学校で、人物デッサンのカリキュラムの構築や指導を行ってきたアメリカ人水墨画家のノートンコールさんを講師に迎え、ワークショップとして企画した。コールさんは今年春から青梅市に移住している。

 当日は、根がらみ前水田周辺で各自スケッチをした後、のんびりカフェ中車水車小屋で各自の作品を見せ合い、ノートンコールさんが上達するコツをアドバイスする。

 開催時間は10時30分~13時30分。参加費は3,200円(ワークショップ費、中車水車小屋のランチ、ドリンク、響々庵のお豆腐のミニ冷ややっこ付き)。スケッチブック、ペン、筆ペン、色鉛筆などの画材は持参。小雨決行、荒天中止。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング