天気予報

26

19

みん経トピックス

福生で「生産者と繋がる会」羽村駅前に真夏のイルミ

あきる野でコケの観察会・コケ図鑑作り 夏休みの自由研究で

あきる野でコケの観察会・コケ図鑑作り 夏休みの自由研究で

コケ観察の様子

写真を拡大 地図を拡大

 あきる野の養沢苔(こけ)庵「COQUEA(コケア)」(あきる野市養沢)で8月12日、「親子苔観察会・マイ苔図鑑をつくろう」が開催される。

 ものづくりなどを行う旅「クラフトツーリズム」を通じて地域を元気にしていこうと、さまざまなアウトドア体験企画、ワークショップなどを手掛けるモカドコス(同)が主催する。当日の会場となるコケアは7月1日、同社がコケと癒やしの拠点として開いたばかり。今回、夏休みシーズンに向け、コケを題材にした自由研究イベントとして企画した。

 当日、は八ヶ岳などでコケの観察会を行っている都留文科大非常勤講師・上野健さんを講師に招き、コケの観察や自分だけのコケ図鑑を作るワークショップを開く。

 開催時間は13時30分~16時30分。参加費は親子で4,800円。定員は小中学生親子12組。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング