天気予報

26

13

みん経トピックス

西多摩1位は紅葉と雪青梅で「日本一早い学園祭」

奥多摩湖畔の公園で1泊2日のバードウオッチ体験 「酉年に鳥好きな仲間と」

奥多摩湖畔の公園で1泊2日のバードウオッチ体験 「酉年に鳥好きな仲間と」

同公園のバードウォッチングの様子

写真を拡大 地図を拡大

 都立奥多摩湖畔公園「山のふるさと村」(奥多摩町川野、TEL 0428-86-2551)で来年2月11日~12日、「はじめてのスローバードウォッチング」が行われる。

 奥多摩湖畔に位置し、面積32ヘクタールの自然環境豊かな園内は、テントやログキャビン泊のできるキャンプ宿泊施設も併設する。酉(とり)年となる2017年に合わせ、「身近な隣人である野鳥に目を向け、鳥好きな仲間と一緒にバードウオッチングライフの一歩を」と同イベントを企画した。

 当日は暖かなキャビンに宿泊し、「野鳥観察のいろはをじっくり体験」「冬や山ならではの野鳥観察」「双眼鏡や図鑑など観察道具、おすすめ観察ポイントの紹介」を2日間かけて行う。双眼鏡の貸し出しもある。

 対象は18歳以上(高校生以下は要相談)。定員は15人(応募者多数の場合は抽選)。参加費は1万8,000円(宿泊費、食費、キャンプ備品代、保険料、資料代込み)。申し込み締め切りは1月16日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

出店者1点「ベーカリー&カフェnoco」(青梅市柚木町)は、北海道産の国産小麦を中心に風味豊かで旨味の強い「ルヴァンリキッド」を使い、パンや菓子類を販売。飲食スペースも併設している。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング