食べる

養豚一筋40年-青梅の山田さんが育てる「下田さん家の豚」話題に

「食べた人がうまいと言ってくれるのが何よりうれしい」と話す山田さん

「食べた人がうまいと言ってくれるのが何よりうれしい」と話す山田さん

  •  
  •  

 青梅・成木で養豚農家を営む山田敏夫さん(61)が育てる三元豚ブランド「下田さん家の豚」が話題を集めている。

 山田さんの祖父が農業を営んでいたが、父親は都営バスの運転手だった。山田さんは学校を出ると武蔵村山市の肉の卸会社下田畜産に勤めた。飼育方法や豚の良しあしを見たり聞いたりして覚えた。

[広告]

 養豚業に就きたいと思うようになった山田さんの気持ちを知り、社長の下田茂さんは、農家から引き取った豚の中から良さそうな豚が出ると、山田さんに「持っていっていいぞ」と言ってくれた。豚の飼育も始めながら卸会社を5年ほどで退社し、1974(昭和49)年に本業として養豚をスタートさせた。

 いい豚を、いい環境、いい飼料で育てる――卸会社での経験は決してぶれない豚の育て方を山田さんの体にたたき込んでくれた。

 飼料はメーカー一押しのものを誰よりも早く採用した。きれい好きの豚のために掃除は小まめにした。下田さんのアドバイスで、味をのせるため普通の豚より2カ月余り長く飼育した。

 夏は朝5時起きで作業が始まる。水や餌やりは一日も欠かせない。周囲の環境に配慮し、可能な限り臭いを抑える努力もした。楽ではなかったが、今は独立した2男2女の子どもたちの成長が励みになった。側で妻の百合子さん(61)がいつも支えてくれた。

今は120キロ~130キロに育てた豚年間400頭ほどを下田畜産に出荷している。その味は「風味が良くて自然な甘味とうまみがある」「ジューシーで柔らかい」と評判だ。「下田さん家の豚」のブランドで、その多くが高級スーパー「成城石井」で消費されているという。

「東京でいい肉を作っているという誇りがやりがいになっている。食べた人が『この肉はうまい』と言ってくれるのが何よりうれしい」と山田さん。「いい豚を育てるためにこれからも同じことをしていきたい」とも。

山田さんの豚肉は下田畜産(武蔵村山市)や国立のスーパー「さえき国立富士見台店」でも扱う。

  • はてなブックマークに追加