食べる

青梅の食堂「なかま亭」、土曜限定で手作りパン販売 

焼きたてのハ?ンは2個ずつ入っている

焼きたてのハ?ンは2個ずつ入っている

  • 3

  •  

 社会福祉法人「なかまの会」が運営する、食堂と弁当販売の「なかま亭」(青梅市今寺)がこのほど、土曜限定で手作りパンの販売を始めた。

 パンは国産小麦と青梅産の卵を使い無添加。プレーン、バターシュガー、チーズの3種類があり、うち2種類を週替わりで販売している。

[広告]

 パン作りは朝9時に始め、2個ずつ袋に入れて店頭に並べる。1袋130円。

 パン作りを担当するのは伊藤実咲さん。「最初は膨らまないこともあり難しかったが、おいしいパンができるようになった。商品も増やし、私の好きなカレーパンが作れるようになりたい」と話す。

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、「なかま亭」では食堂と朝食バイキングを休みにし、弁当と総菜のテークアウトのみの販売に変更。利用者の新しい仕事の確保と、少しでも収益を上げたいとパン作りに取り掛かった。

 副主任の山家由佳さんは「皆で試食を重ね、味の感想を出し合い、改良した商品。売れ行きも上々」と話す。

 営業時間は11時~14時30分。日曜・月曜・祝日定休。