3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

奥多摩・日原鍾乳洞が9カ月ぶりに営業再開

鍾乳洞を運営する日原保勝会の黒澤庄悟会長。「最低限マスクはつけて」と呼び掛ける

鍾乳洞を運営する日原保勝会の黒澤庄悟会長。「最低限マスクはつけて」と呼び掛ける

  • 3

  •  

 昨年10月の台風19号の被害で日原街道が通行止めになって以降、休業していた奥多摩町の日原鍾乳洞が7月9日、9カ月ぶりに営業を再開した。一部が崩落した日原街道は5月7日に仮設道路が完成。開通に合わせて再開を予定していたが、洞内の照明設備の損傷が判明。全ての電球を取り替えるのに2カ月を要した。

 日原鍾乳洞は関東随一の規模を誇り、年間10万人が訪れる町内一の観光スポット。洞内の気温は年間を通して11度を保つ。闇に包まれた天井が想像力をかきたてる「天井知らず」や巨大なカエルを連想させる「ガマ岩」、長く伸びた石柱、涼しげな音色を響かせる水琴窟など見所も多く、1周は約40分。

[広告]

 営業時間は9時~17時。入場料は、大人=800円、中学生=600円、小学生=500円。