天気予報

26

19

みん経トピックス

昭島の病院で大規模災害訓練羽村のカフェで琴演奏会

西多摩DMO活動「にしかつ」がスタート 地域新聞社で講演会を

  • 0
西多摩DMO活動「にしかつ」がスタート 地域新聞社で講演会を

加戸さんらが台北で埼玉県秩父のPRを行った時の模様

写真を拡大 地図を拡大

 西多摩DMO活動「にしかつ」の第1回として4月14日、講演会「西多摩の魅力ってなんだろう」が西多摩新聞社(福生市本町)3階会議室で開かれる。

 DMOとは、地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに、観光地域のかじ取り役としてさまざまな関係者と協働しながら、観光地域づくりを実現するための戦略や具体的な実現をしていくための法人。今回、講師に「ふるさとグローバルプロデューサー」1期生の加戸佐織さんを招く。

 加戸さんはコピーライターやプランナーを経て企画会社を設立し、瑞穂町のオフトーク事業コンサルティング、金融機関のビジネスイベントコーディネートなどを行っている。2016年度の中小企業庁「ふるさとグローバルプロデューサー」人材育成事業を終了し現在、西多摩エリアの活性化に取り組んでいる。

 今回は「自分のスキルや企画力を地域に役立てたい」「自分の商品をもっと多くの人にPRしたい」「よそから来たが、もっと地域とつながりたい」と考えている人へ向けた講演会として企画した。

 開催時間は19時~。参加費は500円(菓子代)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

当日はワークショップ以外にも、自家製酵母、ホシノ天然酵母のパン。カラダに優しい、オリジナルのパン屋「TEAM Paku Paku」や北海道産の小麦粉を中心に自然発酵種「ルヴァン・リキッド」を使い、パンや焼菓子を製造販売する「noco BAKERY & CAF?」、羽村市栄町で創業34年の手作りパン店「寿屋ベーカリー」、本場南九州から取り寄せたサツマイモを使った「青梅大学いも学部」など、パンや焼き菓子などの販売も行われる。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング