見る・遊ぶ 暮らす・働く

西多摩で観光創出プロジェクト始動 地元観光・交通事業社、JRなど参加

Wild Tokyoがサポートし実施された「おくたマルシェ」

Wild Tokyoがサポートし実施された「おくたマルシェ」

  •  

 西多摩地域の観光事業社、交通事業社らによる西多摩観光創出事業「Wild Tokyo プロジェクト」が6月、本格的にスタートした。

 アウトドア、アクティビティー、酒蔵、飲食、林業など、西多摩地域で多様な観光事業を行う事業社と、御岳登山鉄道、京王自動車多摩西、西東京バス、JR東日本八王子支社など交通事業社らが参加する会員制の同プロジェクト。昨年12月、今年1月、2月に有志が集まり、観光に関するさまざまな現状の課題や新しい挑戦などについて話し合うミーティングを開催。新しいイベントの企画や地元グルメの開発、事業社連携、交通事業社との連携、情報発信の一本化と強化などを話し合い、今後、各事業の具体化へ向け取り組んでいく。

[広告]

 現在、参加する会員は26事業社。プロジェクト会員はSNSなど活用した情報共有を行い、会員数を増やすことを目的とせず、原則、新規会員は既存会員からの紹介制としている。地元の大多摩観光連盟や青梅市商店街連合会、西多摩地域の観光事業社らとの連携を希望していた立川市商店街連合会も後援団体として参加することになった。同プロジェクトの事務局を務めるグッドライフ多摩は、自社で運営する多摩の情報サイト「イマタマ」などを活用し各事業をサポートする。

 これまでも、あきる野で行われた「南沢あじさい山 米寿イベント」(5月19日)や、見頃を迎えている「秋川渓谷あじさい祭」、青梅の御岳山で行われた「天空BBQ」(同20日)、JR奥多摩駅前で行われた「おくたマルシェ」(同26日・27日)など、会員主体で企画された新しい観光事業を生み出してきた。8月1日には、子どもたちへ向けた新しいリバーアクティビティーイベント「キッズチャレンジ~川の学校~」を開催する。